東日本におけるCs-137の広域拡散と沈着量分布(2D-動画)

WSPEEDIの沈着計算過程の改良により、文部科学省航空機モニタリングによるCs-137沈着量分布の再現性が向上しました(日本原子力学会2013年春の年会で発表)。

[文部科学省航空機モニタリングによるCs-137沈着量分布(面コンター)]

文部科学省航空機モニタリングによるCs-137の沈着量分布
[Cs-137沈着量分布(面コンター)、地上濃度分布(紫の線コンター)、地上風分布(ベクトル)]
日時は国際標準時(日本時間は9時間加算)で上部に表示されている。
東日本におけるCs-137の広域拡散と沈着量分布(2D-動画)


戻る