JAEA page
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

原子力科学研究部門 原子力基礎工学研究センター 環境・放射線科学ディビジョン

環境動態研究グループ

Japanese / English
NSEC page

目的・目標:
原子力施設から発生する放射性物質の環境分布を正確に把握しその影響を評価するため、大気・陸域・海洋での物質動態を包括的に予測する計算シミュレーションモデル・システム(SPEEDI-MP)を開発し、実際の現地データとの比較によってそのモデルの妥当性を調べ、改良する。 また、放射性・安定同位体を利用した実験・観測により、このモデルの妥当性検証に必要な核種濃度の時間・空間分布を取得するとともに、放射性物質の移行過程の解明を行う。
studies
研究内容:
  • 大気・陸域・海洋の各域における個別移行モデル、及びこれらを結合した計算シミュレーションの開発
  • 放射性・安定同位体利用などによる実験・観測
  • 上記を融合した 大気・陸域・海洋における放射性物質の移行過程の解明
成果の利用:
  • 原子力緊急時初期の防災対策情報(主に大気)から、中・後期の監視に必要な情報(主に陸域と海洋)の提供等に貢献。
    これまで、福島第一原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境影響評価(拡散シミュレーション動画)を実施。今後は、環境中における放射性物質の移行予測等に応用する予定。
  • 一連の技術を一般環境問題(例:地球温暖化海洋漂流物の移動予測)の解決へ適用。
研究成果について:

最近の成果
研究成果一覧