• 現在位置 :  原子力機構TOP  >  基礎工学研究センター  > 燃料・材料工学ディビジョン  > 防食材料技術開発グループ
  • English

    高温水中におけるステンレス鋼表面酸化皮膜成長挙動の熱力学的考察

    高温水中のステンレス鋼の耐食性には表面酸化皮膜が大きな影響を及ぼすことが想定されます。当グループでは、高温水中で生成した酸化皮膜を透過型電子顕微鏡で詳細分析し、その組成・構造を熱力学的に考察しました。その結果、表面酸化皮膜生成挙動は酸化物の溶解度と電位をパラメータとすることで理解できることを明らかにしました。


    HKFモデルに基づいて計算した高温水中における各種酸化物の溶解度の電極電位依存性

    561K純水中で生成した酸化膜の電子顕微鏡像

    【参考文献】Y. Soma, C. Kato, and M. Yamamoto, J. Electrochem. Soc., 8 (2012), C334.