原子力機構 > 原子力基礎工学 > 燃料・材料工学ディビジョン > 照射材料工学研究グループ

研究室プロフィール

当研究グループでは、原子炉構造材料の応力腐食割れ(SCC)に関する研究の一環として、照射誘起応力腐食割れ(IASCC)及び低炭素ステンレス鋼などの応力腐食割れ(SCC)機構の研究を行っています。また、第三者機関として、原子炉実機の損傷原因調査に貢献しています。

中性子照射環境で使用される原子力分野の構造材料について、耐照射性材料の開発や、照射による材料変化を考慮した構造強度評価による原子炉機器等の設計法や維持基準の作成に必要な研究をしています。そのために、多量の中性子照射に曝される核融合炉材料や高燃焼度まで使用されるステンレス鋼などの材料挙動について、照射損傷の形成過程、照射損傷の蓄積による微細組織変化、原子炉機器の挙動変化に関する研究が行われています。

計算科学的手法による原子力用構造材料および燃料の複合環境下における劣化現象の機構解明や挙動予測を行うことを目的とした研究を行っています。ミクロからマクロスケールまでのマルチスケールモデリング手法によるシミュレーションと高精度な実験との比較検討を行うことにより機構論的なモデルを構築しています。将来的には、そのモデルに基づく材料・燃料挙動シミュレーションによる次世代原子炉用材料および燃料の開発も目指しています。

参考資料;


研究テーマ
Copyright (C) Fuels and Materials Engineering. All rights reserved.