照射損傷の蓄積による微細組織変化に関する研究

長期間の照射を継続的に受けると、材料中に形成された照射損傷は徐々に蓄積し、材料に変化をもたらします。はじき出し損傷によって形成された欠陥(「格子欠陥」)や核反応によって生成されたガス原子は、相互に影響し合いながら材料中を拡散して集まり、集合体を作ることによって材料組織に変化をもたらします。このような材料中に生じるごく小さな変化を、革新的な手法(陽電子消滅,電顕等)を用いることにより検出し、そのメカニズムを調べるための研究を行っています。

Copyright (C) Fuels and Materials Engineering. All rights reserved.