これまで蓄積してきた豊富な炉物理研究の成果を集大成して、核設計精度を向上させるために「核設計基本データベース」の整備を進めています。「核設計基本データベース」の整備では、核設計精度を向上させるために、臨界実験装置や実機プラントを用いた炉物理実験・試験情報の整備、炉物理実験・試験の解析及び評価などを行っています。これらの成果を国際的に有効活用してもらうために、国際炉物理実験ベンチマーク計画に協力しています。

OECD/NEAが中心となって進められている国際炉物理実験ベンチマーク計画(International Reactor Physics Experiment Evaluation Project: IRPhEP) では、過去に実施された貴重な炉物理実験・試験情報の整備が行われています。IRPhEPへ提供するデータの整備で最も重要なのが、実験・試験結果に対する誤差評価です。臨界実験装置や実機プラントに装荷された燃料の製造データや測定のオリジナルデータ等を収集の上、これらのデータを精査することにより、誤差評価を詳細に行っています。これまで、高速実験炉「常陽」、大型FBR炉心臨界実験装置(ZPPR-9、ZPPR-10A、ZPPR-18A、ZPPR-19B)を用いて行われた炉物理実験・試験に関する情報の再評価とベンチマーク問題を作成し、IRPhEPにデータを登録してきました(表1)。


図1 常陽MK-I炉心をあしらった国際炉物理実験ベンチマークのDVD表紙(March 2006 Edition)[1]



表1 国際炉物理実験ベンチマークに登録したデータの例(「常陽」MK-Iの臨界性測定データの不確かさ)[2]


参考文献

[1] NEA Nuclear Science Committee, "International Handbook of Evaluated Reactor Physics Benchmark Experiments," NEA/NSC/DOC(2006)1.
[2] K. Yokoyama, A. Shono, M. Ishikawa, "Reevaluation of experimental data and analysis on experimental fast reactor JOYO MK-I performance tests," Nucl. Sci. Eng., Vol. 157, pp.249-263 (2007).

ナビゲーション