組織紹介

トップページ > 組織紹介 > 核工学・炉工学ディビジョン

核工学・炉工学ディビジョンディビジョン長:原田 秀郎

印刷する

核工学・炉工学ディビジョンの取り組み


核工学・炉工学ディビジョンは、原子力の平和利用にあたり、安全性・効率性・核セキュリティの向上や長寿命核廃棄物の後世への負担を軽減する技術を実現するために、なくてはならない基礎基盤研究として、「核データの信頼性と精度の向上」、「原子炉中での中性子輸送や核種変換量などを計算可能とするコードの体系化」、「様々な対象物に含まれる核燃料等を非破壊で測定する技術の高度化」に取り組んでいます。これらの研究開発を進めるにあたり、原子力機構の有するJ-PARC等の最先端研究施設を適用するとともに、国内外との研究協力にも力を入れています。

我々が開発する核データ・核計算コード・核計測の技術は汎用性が高く、原子力分野以外にも、核医学、RI利用、宇宙核物理、新材料開発、非破壊分析、基礎物理学等の広い分野で利用が期待されており、新しい共同研究も始まっています。我々は、さまざまな原子力、また学際分野へ貢献したいと考えております。関係各位のご指導とご協力をいただければ幸いです。



研究グループ