組織紹介

トップページ > 組織紹介 > 燃料・材料工学ディビジョン > 照射材料工学研究Gr

照射材料工学研究Grグループ リーダー:山下 真一郎

印刷する

"原子炉構造材料は、炉の運転期間中に高エネルギーの中性子線などの様々な放射線にさらされることから、一般の構造物には見られない劣化挙動を示します。私たちはこれまでに、実験研究と計算科学的手法の有機的な連携を図りつつ、原子炉構造材料の劣化機構解明に向けた種々の実験研究、シミュレーション研究に取り組んできています。

実験研究では、応力腐食割れ(SCC)に関する研究の一環として、沸騰水型軽水炉構造材料のSCC発生に及ぼす長時間熱時効の影響について着目し、SCC機構解明に向けた解析・評価を行っています。また、計算機シミュレーションでは、材料学的因子の機械特性への影響を調べるために、大型計算機を使用した大規模原子シミュレーションによる欠陥構造の直接解析などを行っています。その他、分離変換技術として期待される加速器駆動未臨界システム(ADS)の材料開発に関する研究開発や材料の照射損傷に関する基礎基盤的研究も行っています。

関連リンク