組織紹介

トップページ > 組織紹介 > 燃料・材料工学ディビジョン

燃料・材料工学ディビジョンディビジョン長:加治 芳行

印刷する

燃料・材料工学ディビジョンの取り組み


エネルギー安定供給の確保及び地球温暖化対策の強化の観点から、原子力エネルギーは重要な役割を果たしているとともに、将来にわたって原子力エネルギーを利用していくとすれば、社会の進歩や技術の普及に応じて、絶えず原子力エネルギー供給技術を高度化することが重要であり、そのために原子力基礎基盤研究を進めていく必要があります。

燃料・材料工学ディビジョンでは、原子力機構特有の多様な照射場・高精度分析技術を利用した実験的研究とスーパーコンピュータを始めとする計算リソースを使った計算科学的研究とを両輪として、燃料・材料分野の基礎基盤研究を実施しています。また、この基礎基盤研究のポテンシャルに基づき、他の研究機関、大学、事業者、メーカと連携して、中堅・若手研究者を育成しながら、次の3つの研究を柱として進めています。①福島第一原発事故以降重要となってきている軽水炉・原子力施設の高経年化および安全性向上に関する研究、②放射性廃棄物の減容・有害度低減のための加速器駆動型未臨界システム(ADS)実現に向けての構造材料や燃料開発などの基盤研究、③福島第一原発の機器材料の腐食対策や燃料デブリの性状把握などの廃止措置に向けた研究、に取り組んでいます。



研究グループ