組織紹介

トップページ > 組織紹介 > 原子力化学ディビジョン

原子力化学ディビジョンディビジョン長:森田 泰治

印刷する

原子力化学ディビジョンの取り組み


原子力の技術開発は、様々な学問分野の知識を集積する必要があります。中でも化学の役割は、フロントエンドから、バックエンドまで、原子力発電における核燃料の流れの中で起こる多種多様な化学現象を理解し、その知識を提供して様々な課題の解決に役立たせることにあります。原子力化学ディビジョンでは、何がどれだけの量存在するのかを明らかにする化学分析手法や、何がどのような状態で存在するのかを測定するための新しい分光技術、それらの物質がどのような化学挙動をするのかを予測するためのシミュレーション技術を開発しています。



研究グループ