組織紹介

トップページ > 組織紹介 > 環境・放射線科学ディビジョン

環境・放射線科学ディビジョンディビジョン:永井 晴康

印刷する

環境・放射線科学ディビジョンの取り組み


環境・放射線科学ディビジョンでは、放射性物質の放出・環境汚染事象に対する環境影響評価に必要となる環境動態研究、及び放射線による人体、材料等への影響を正確に評価するための放射線挙動解析研究を推進しています。環境動態研究では、大気、陸域、海洋環境中の物質動態の計算シミュレーション技術と観測・実験手法を開発し、これらを融合した環境中物質動態の解明を行っています。また、地球環境問題への応用として、アジア原子力協力フォーラム(FNCA)のプロジェクト「原子力科学技術を用いた気候変動研究」に参加し、日本の研究を主導しています。放射線挙動解析研究では、粒子・重イオン輸送計算コードPHITSを中核としたシミュレーション技術の高度化を進め、公衆の放射線防護に最適な線量評価体系の構築を行うとともに、国内外と幅広く連携して様々な研究分野での応用研究を実施しています。



研究グループ