組織紹介

トップページ > 組織紹介 > 軽水炉基盤技術開発ディビジョン > 熱流動技術開発Gr

熱流動技術開発Grグループ リーダー:吉田 啓之

印刷する

原子力発電所の安全性のより正しい評価や向上のためには、異常時や事故の際の原子炉内の温度の変化や、これと密接に関連した水や蒸気などの流れの変化の評価精度向上が必要です。また、流れや温度の変化は、原子炉の安全性を確保するための機器の設計・改良においても、その中心的な課題となります。私たちは、現行の事故時の熱や流れの評価手法の課題である、多様な状況への対応が難しい点を解決することを目的として、原子力機構がこれまで培ってきた、大型計算機などを使った熱や流れの解析技術、熱や流れの計測技術を発展させ、原子炉内3次元熱流動評価手法の開発を進めています。ここでは、水や蒸気が混ざった流れや、燃料などが壊れたり溶けたりするときの状況の評価のため、最新の計算科学技術や、「京」に代表される超並列計算機を用いた評価技術の実現を目指すとともに、解析技術の確からしさを確認するための計測技術の開発を合わせて進めています。

関連リンク