組織紹介

トップページ > 組織紹介 > 分離変換技術開発ディビジョン > 群分離技術開発研究Gr

群分離技術開発研究Grグループ リーダー:松村 達郎

印刷する

原子力発電所の使用済燃料には、分離回収すれば燃料として使用できるウラン(U)、プルトニウム(Pu)や、長期間にわたって放射線を発生するMAなどの長寿命核種が含まれています。群分離技術開発グループでは、これらを効率よく分離して再利用したりADSなどの核変換システムに供給するための分離技術の研究開発を進めています。極めて高い放射能を有する使用済燃料から、環境負荷を低減できるレベルまで長寿命核種を除去するためには高い分離性能が要求されます。これを実現するため、分離目的元素に選択性のある抽出剤の開発に取り組み、溶媒抽出法を基本とした連続分離プロセスの開発を進めています。また、原子力機構内外の研究グループと連携して、新しい抽出剤による金属錯体に関する基礎的な研究から準工学的なスケールを目指した検討まで実施しています。