組織紹介

トップページ > 組織紹介 > 分離変換技術開発ディビジョン > 核変換システム開発Gr

核変換システム開発Grグループ リーダー:辻本 和文

印刷する

核変換システムは、MAを核分裂反応で短寿命核種または安定核種に核変換することを目的としています。ADSを用いた核変換システムでは、MAを主成分とした燃料で未臨界体系を構築しますが、そのままでは核分裂連鎖反応を維持できません。そこで、陽子加速器を使って高エネルギー陽子を供給し、この高エネルギー陽子を重金属に当てた時に発生する核破砕中性子を使って、未臨界体系内の核分裂連鎖反応を維持します。核変換システム開発グループでは、核変換を目的としたADSの設計や、その設計に必要となる核データの検証実験を行っています。ADS設計では、MAを効率的に核変換するための燃料配置や、陽子加速器を入射するターゲットの液体鉛ビスマスの熱流動等の解析を行っています。また、実験では、核データに基づく解析を実験により検証することを目的に、国内外にある出力が非常に低い臨界実験装置を用いて原子炉性能に関わる実験データの取得に取り組んでいます。

関連リンク