組織紹介

トップページ > 組織紹介 > 分離変換技術開発ディビジョン

分離変換技術開発ディビジョンディビジョン長:辻本 和文

印刷する

分離変換技術開発ディビジョンの取り組み


分離変換技術は、使用済燃料の再処理工程で発生する高レベル放射性廃棄物に含まれている種々の核種をその処理方法や利用目的に応じて、いくつかのグループまたは元素に分離するとともに、長寿命核種を短寿命核種または安定核種に核変換する技術です。分離変換技術は放射性廃棄物の地層処分の負担軽減を目指した技術で、この技術を導入することで、放射性廃棄物の有害度が低減するまでの時間を現在の1000分の1程度に短縮できる可能性があります。核変換については、発電用高速炉と加速器を用いた核変換専用のシステムであるADS(加速器駆動システム:Accelerator-Driven System)を利用する方式があります。

分離変換技術開発ディビジョンでは、ADSを中心とした分離変換システムの実現に向けて、放射性廃棄物からの核変換対象核種であるマイナーアクチノイド(MA)の分離技術、MAを主成分とした核変換用燃料の再処理技術、ADSを用いた核変換技術に関する研究開発に取り組んでいます。



研究グループ