寺田 宏明 / TERADA Hiroaki

                                         
職制 研究副主幹
専門分野 大気拡散シミュレーション、気象学
学位 博士(工学)
担当課題 ・大気拡散データベース計算手法の開発
・世界版緊急時環境線量情報予測システムWSPEEDIの高度化
・東京電力福島第一原子力発電所の大気放出量推定と大気拡散・地表沈着プロセスの解析
・六ヶ所再処理施設起源の放射性物質の環境中移行解析
受賞歴 H30.03 JNST Article Award 2017 Most Cited Article
H27.04 平成27年度文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)
H27.03 第47回日本原子力学会賞 論文賞
H24.03 第44回日本原子力学会賞 論文賞
H22.09 日本原子力学会保健物理環境科学部会賞 学術貢献賞
H21.03 第41回日本原子力学会賞 技術賞
委員等 日本分析センター放射能測定法シリーズ改訂検討委員会委員(R2~現在)
環境科学技術研究所評価検討委員会委員(H31~現在)
日本原子力学会 プログラム編成WGメンバー(H29.7~R2.5)
日本原子力学会 保健物理・環境科学部会 広報担当(H28.7~現在)
原子力安全研究協会 原子力気象検討委員会委員(H27.7~H28.3)
原子力機構 指名専門家(H22.5~現在)
外部資金獲得 H30~(R2):環境省 環境研究総合推進費、サブテーマリーダー
「原子力事故データの総合解析による事故時の有害物質大気中動態評価法の
高度化」