組織紹介

トップページ > 組織紹介 > 核工学・炉工学ディビジョン > 炉物理標準コード研究Gr

炉物理標準コード研究Grグループ リーダー:原田 秀郎

印刷する

炉物理標準コード研究Grは、原子力の平和利用にあたり、原子炉の安全性・効率性の向上や原子炉で生じる長寿命核廃棄物の後世への負担を軽減する技術を実現するための不可欠な基礎基盤研究として、原子炉の臨界性や核種生成量、核変換システムによる核種変換量を計算するための種々のコードの高度化に取り組んでいます。現在は、全炉心体系の詳細解析を可能とする計算コード開発、核データと計算コードを繋ぐ核データ処理コード開発、計算の不確かさ評価手法の開発、核データの積分実験による検証などを進めています。今後、原子炉の臨界性や核種生成量など様々な核特性計算の参照解として、広く利用される国産核特性計算コードシステムの構築を目指しています。

関連リンク