組織紹介

トップページ > 組織紹介 > 核工学・炉工学ディビジョン > 炉物理・熱流動研究Gr

炉物理・熱流動研究Grグループ リーダー:長家 康展

印刷する

我々のグループでは、原子炉の安全性向上と性能向上のため、炉物理分野と熱流動分野における基礎基盤研究を行っています。

炉物理分野では、原子炉の臨界性や核種生成量などの核特性パラメータを計算する種々のコードの高度化に取り組んでいます。現在は、全炉心体系の詳細解析を可能とする計算コード開発、核データと計算コードを繋ぐ核データ処理コード開発、計算の不確かさ評価手法の開発、核データの積分テストなどを行っています。

熱流動分野では、原子力機構がこれまで培ってきた、大型計算機などを使った熱や流れの解析技術、熱や流れの計測技術を発展させ、原子炉内3次元熱流動評価手法の開発を進めています。ここでは、最新の計算科学技術や超並列計算機を用いた評価技術の実現を目指すとともに、解析技術の確からしさを確認するための計測技術の開発を合わせて進めています。

さらに、炉物理分野と熱流動分野のクロスオーバー領域として、先進的核熱結合シミュレーションコードシステムを開発しています。既存の臨界実験設備や熱流動試験設備は数が減少しており、現実世界でリアルな炉物理実験と熱流動実験を行うのは困難な状況になりつつあります。そこで、仮想空間において数値実験を実施できるような核熱結合シミュレーションコードを開発中です。計算コードはもちろんのこと、近似を極力排除した機構論的な手法の開発とマルチフィジックス・シミュレーションを実現するための計算プラットフォームも開発しています。

関連リンク