組織紹介

トップページ > 組織紹介 > 燃料・材料工学ディビジョン

燃料・材料工学ディビジョンディビジョン長:高野 公秀

印刷する

燃料・材料工学ディビジョンの取り組み


脱炭素社会の実現に向けて、太陽光や風力等の再生可能エネルギーとともに原子力は重要なエネルギー供給源の一つです。福島第一原子力発電所事故(1F)の教訓を肝に銘じ、より安全に、安定した原子力エネルギーを供給することと、そのための核燃料サイクル技術の確立を目指し、国内外の研究所、産業界、大学等と連携しながら広範な原子力基礎基盤研究を進めていく必要があります。

燃料・材料工学ディビジョンでは、①軽水炉及び原子力施設の安全性向上に関する研究(事故耐性燃料、高経年化対策)、②放射性廃棄物の減容・有害度低減のため加速器駆動システム(ADS)によるマイナーアクチノイド(MA)核変換技術の研究(MA化学分離、窒化物燃料、ADS構造材)、③1F廃止措置支援のための燃料デブリ性状及び事故時の核分裂生成物(FP)挙動の研究の3つを大きなテーマとして取り組んでいます。

これらの研究のために、使用済燃料や超ウラン元素を取り扱うホットセル、グローブボックス等の設備群に加え、多種多様な分析・物性測定装置群を有するとともに、新たな測定手法の開発も行っています。また、実験的手法に加えて、第一原理計算や燃料ふるまい解析等の計算科学的手法も積極的に取り込んでおり、これらを支える燃料・材料の物性・熱力学データベースも整備して公開しています。これらのハード・ソフトを活用し、大学や産業界と連携して最大限の成果が得られるよう、研究に励んでいます。

研究グループ