燃料高温科学研究グループ


現在位置 : 原子力機構 > 原子力基礎工学研究センター > 燃料・材料工学ディビジョン > 燃料高温科学研究グループ

プロフィール

研究内容

 使用済み核燃料の再処理によって生じる高レベル放射性廃液には、核分裂生成物の他にNp、Am、Cm等のマイナーアクチノイド(MA)が含まれます。これらは長半減期のアルファ崩壊核種が多いことに加えて、発熱量が大きいことが知られています。長期に渡る環境への潜在的危険性の低減と地層処分の負担軽減の観点から、MAを分離・回収し、高速炉などで燃焼させてリサイクルする「分離変換サイクル」の研究が進められています。
 当グループではこのような将来の核燃料サイクルを支える基礎データの整備、基盤技術の開発を目的として、酸化物、窒化物、塩化物、合金等の超ウラン元素化合物の調製、熱物性測定、燃料加工技術の開発、及び燃料挙動評価を行っています。
 また、不明な点が多い超ウラン元素化合物の諸特性を解明するために、メスバウアー分光、NMR、放射光を用いたXAFS測定等の手法を他組織と連携しつつ取り入れ、基礎科学研究を進めています。

マイナーアクチノイドのリサイクルに関する主な研究項目


最近のトピックス

(1)超ウラン元素化合物の熱物性測定

(2)超ウラン元素酸化物の酸素ポテンシャル研究


窒化物燃料熱物性データベース

放射性廃棄物の環境負荷・有害度低減の観点から、長寿命放射性核種を短寿命放射性核種、または安定核種に変換する加速器駆動システム(ADS)による核変換システムの研究が進められています。そのADSにおいて、照射中の燃料のふるまい挙動を把握することは燃料設計において重要課題の一つであります。そこで、これまで原子力機構で取得してきた窒化物の熱物性データや既報の基礎特性データを収集、整理し、可能な限り定式化することにより、ADSの燃料設計に必要となる範囲のデータをカバーした窒化物燃料物性データベースを整備しました。このデータベースを、当グループの窒化物燃料ふるまい解析コードに組み込むことで、燃料のふるまい予測を可能なものとしました。

窒化物燃料物性データベースは、こちらをクリックして下さい。



Copyright (C) Fuels and Materials Engineering. All rights reserved.