センター概要

トップページ > センター概要

センター概要

原子力基礎工学研究センター長 久語輝彦
原子力基礎工学研究センター長
久語 輝彦

私たち原子力基礎工学研究センターは、「原子力のエネルギー利用と放射線利用を支える最新の科学技術をけん引し、原子力開発を基盤的に支え続ける」ことを使命とし、原子力科学研究所を拠点として研究開発に取り組んでいます。

原子力エネルギーや放射線の利用は、基礎になる科学とそれに立脚した利用や応用につなぐ技術によって支えられています。このような基礎基盤となる研究として、私たちは、原子核、放射線、放射性物質が係わるさまざまな現象を自ら開発する計測・分析技術を通して解明するとともに、それらの現象をモデル化し、模擬するためのシミュレーションプログラムやデータベースに集約することにより、基礎から実利用へ橋渡しをする技術までを体系化する取り組みを進めています。これにより、原子炉内の核分裂で発生する放射線、熱及び流体のふるまい、それらが燃料や材料に及ぼす影響、放射性核種の存在状態に応じて生じる多様な性質や機能、環境中での移行挙動、放射線が人体に及ぼす影響などの評価に利用することができます。

私たちは、これらの基礎基盤的技術を統合して、さまざまな課題の解決に取り組んでいます。東京電力福島第一原子力発電所事故以降は、①当該事故の対処(施設の廃炉推進、環境の回復など)、②軽水炉の安全性能の更なる向上、③放射性廃棄物の処理・処分の着実な遂行が、現在の原子力利用における重要な課題と捉え、その解決に貢献できる研究開発に注力しています。

研究開発を通して得た、透明性と質の高い、学術的及び社会的にインパクトのある成果を社会に提供することも、私たちの責務と考えています。その取り組みとして、原子力エネルギー基盤連携センターとの連携などを通じて産学と協力し、原子力利用はもとより、産業、環境、医療などのさまざまな分野において、研究成果を普及することに努めています。

私たちは、原子力・放射線に係る基礎と応用とをつなぐ「原子力基礎工学研究」により、原子力基盤を支える中央研究所的役割を果たし、更に広く科学技術の発展に寄与できる基盤的研究開発力で国際競争をリードできるセンターを目指して努力してまいります。私たちの研究開発活動に対し、皆様のご理解、ご支援、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2021年4月