事故耐性燃料開発に関するワークショップ

トップページ > ATFワークショップ

事故耐性燃料開発に関するワークショップ

  • 2022年3月11日(金)に東京大学および日本原子力研究開発機構主催「事故耐性燃料開発に関するワークショップ」を開催しました(開催案内はこちら)。


  • ワークショップの概要

    東京電力福島第一原子力発電所では、燃料の溶融が進展して重大事故に至りました。そこで、軽水炉事故時の事象進展を遅らせ、かつ水素発生量を低減することが可能な「事故耐性燃料」の開発が世界的な潮流となっています。カーボンニュートラルへ原子力が確実に貢献していくためには軽水炉の活用が不可欠であり、事故耐性燃料導入の意義は極めて大きいと考えられます。世界の開発状況を鑑みると、米国では2020年代に事故耐性燃料の実用化が予定されています。これらの状況を踏まえ、我が国として総力を結集して、国産の事故耐性燃料の早期実用化を目指し、軽水炉の安全性向上に寄与すべく、関係者が一堂に会するワークショップを国内では初めて開催しました。事故耐性燃料の開発状況や技術的なトピックスを共有し、今後の開発の進め方について議論しました。


    基調講演 資料

  • 『事故耐性燃料開発への期待』 宇埜 正美 氏(日本原子力学会核燃料部会)
  • 『事故耐性燃料導入への期待』 中谷 絵里 氏(経済産業省 資源エネルギー庁)


  • 講演 資料

  • 『原子力システム研究開発事業での事故耐性燃料の開発』 阿部 弘亨 氏(東京大学大学院 工学系研究科)
  • 『原子力の安全性向上に資する技術開発事業での事故耐性燃料の開発』 山下 真一郎 氏(JAEA 原子力基礎工学研究センター)
  • 『諸外国における事故耐性燃料の開発状況』 山内 景介 氏(東京電力ホールディングス株式会社)


  • パネルディスカッション・総合討論 資料

  • 『国研として取組むATF関連基盤技術開発』 山下 真一郎 氏(JAEA 原子力基礎工学研究センター)
  • 『TSOとしての事故耐性燃料研究』 杉山 智之 氏(JAEA 安全研究センター)
  • 『事故耐性燃料導入に係る安全要求に関する原子力学会の検討状況』 佐藤 大樹 氏(日本原子力学会標準委員会 システム安全専門部会炉心燃料分科会)


  • 当日のQ&Aはこちら


    関連記事等

    ワークショップの開催報告・報告記事が外部ホームページに掲載されました。

  • 日本原子力学会核燃料部会 部会報「核燃料」№57-2(通巻)2022年5月号
  • 『「事故耐性燃料開発に関するワークショップ」開催報告』
  • 原子力産業新聞 国内ニュース 2022年4月19日
  • 『原子力機構・東大、事故耐性燃料の国産化目指しWS開催』